2015年5月9日土曜日

Yoga Tablet 2 with WIndows 851Fを購入しました

 最愛の相棒であるThinkpad8を失い、外に出て喫茶店をめぐる気力すら失われてしまっておりましたが、さすがにこのままでは諸々支障が出るということで、タイトルの通り新しいWindowsタブレットを購入しました。



 Yoga Tablet 2のAnyPen非対応モデルということで、発売からしばらく経過したモデルではありますが、非常に気に入りました。


 まず気に入った点を上げると…


・電池持ちがとても良い
 公称では15時間ということですが、だいたいその程度持ちそうな勢いです。一日中外に出ていることもありとても助かります。WInタブ自体がmicroUSBで充電可能なのでモバイルバッテリーを持ちあるいていればどうということはないのですが、限られたポート数を圧迫しないのはありがたいです。

・自立スタンドの出来が非常に良い。
 Yoga Tablet2の大きな特徴が背面の自立スタンド。見た目の異質さにも寄与しているこれですが、かなり便利です。TP8を利用していた際はスタンド付きケースを利用しており、これでも十分ではありましたが角度の微調整ができませんでした。が、Yoga Tablet2なら…


 こんな角度から


 こんな角度まで

 調整が効きます。
 また、私が利用しているBTキーボードはELECOMのTK-FBP049Eなのですが、こちらが膝においても利用できるためYoga Tabret2との組み合わせだと膝の上でラップトップのような利用の仕方も可能です。
 スタンド自体は非常に頑丈なようで安心感があります。


 こんなところでしょうか。
 逆に良くない点を上げると、TP8と比べると動作にやや引っかかりを感じるところです。こればかりはTP8が頭ひとつ抜けているのだなということを再確認。また、どうも32bit版より64bit版アプリのほうが安定しているアプリが多いようで、ここらへんも気になるところ。
 ただ、ここらへんはバッテリー持ちとのトレードオフがありますので一長一短ですね。
 TP8だと実利用6時間が限界かなと感じていたので。

 また、SSDは32GBしかないので考えないといけないことは多くなります。高速なmicroSDXCを用意し、OneDriveはそちらに移動。DropboxのフォルダもmicroSDXCを本体SSDに作った任意の空のフォルダにマウントすることでそちらに変更できるのでそうしています。
 メーラーやエディタ等はポータブルタイプを利用してOneDriveに入れているので、アプリのインストールもそんなに必要はありません(ただ今回の場合はmicroSDXCに置かれることになるので、やはり読み込み速度が早い良い物が必要にはなります)。

 まだ使い倒してないのでこの程度なのですが、また気になった点があればちょこちょこと書いていこうと思います。

 夏前に新製品が出るかなと思っていたので、それまでの繋ぎをしてくれれば程度の気持ちでしたが、思いの外良い製品で気に入ってしまいました。
 CPUは目を瞑るとしてRAM4GB、SSD64GBの8インチYogaTablet2が出てくれれば迷わず買ってしまいそうです。もちろん、価格差を考えると今のままでも十分に魅力的であり、またハイスペック8インチWinタブ、なかなか出る気配がないので…あまり高望みはできないのかなという諦めもあったりします。

 
 いや、タブレットじゃなくてVAIO TypePのような…!

 ダメですか…