2014年9月3日水曜日

ぷらら無制限プランを使ってみて

 申し込んだ翌日に届いてしまいましたぷららの無制限定額SIM。

 特に開通作業も必要なく、決まったAPNを入れるだけであっという間につながりました。


 まず一言。かなり快適です。これはちょっと意外でした。
 速度は上り下りともしっかり3Mbps出ていますし、何よりpingがちゃんと早いのがTwitterやブラウジングでは大きいですね。画像の読み込みも3Mbps出ればほぼストレスを感じません。
 LINE通話も遅延もあまり感じず快適に利用できたので各VoIPサービスも問題なく使えそうです。

 ちょっとストレスチェックを兼ねてFTPサーバー間でのデータのやり取り、ストリーミングのアニメ視聴、RDT等を行った結果、一日で15GBほどパケットを消費しましたが、変な挙動も見られず非常に快適に通信を行うことが出来ました。

 ぷらら、恐るべし。

 しかし油断はできません。無制限ともなれば大量のトラフィックは避けられないですし、契約者数も当初予定していた600人から追加が発表されましたので、これからどんどん品質が下がることは容易に想像できます。逆にそうじゃなかったら…これはなかなかとんでもない回線になるなと思うくらいには快適です。

 同じ無制限となるとWiMAX回線がライバルとして上がってきますが、簡単に比較すると


■ぷららのメリット
 ・広大なエリア
 ・移動中の強さ
 ・トラフィックの捌き方の強さ
 ・SIMの汎用性

■WiMAXのメリット
 ・最大速度の速さ
 

 こんな感じでしょうか。WiMAXのメリットが少なく見えますが、しかしこれは大きいですよね。
 ぷららのメリットはというとまずはエリア。これは本当に大きいですね。都市部でしたらWiMAXでも、と思いがちですがやはり屋内だと使えないところは多いので、たとえばあそこの喫茶店はWiMAXが入らないしWi-Fiもないから…なんてことを考えなくてすみます。
 また、移動中も切れないのはありがたいです。特にWiMAX2+/WiMAX機ですとハンドオーバーが非常に下手なので使い勝手が悪いんですね。例えばキャッシュを使わずにGoogleMusicとかを使うなんてこともできるようになりますし、nasneのバージョンアップが発表されましたが、それを使ってロケーションフリーの幅を一気に広げることも可能です。

 トラフィックの捌き方、これはFDD-LTEならではなのですが、上りのトラフィックがかかっている状態でも下りにほとんど影響が出ず、ちゃんとダウンロードが出来るということです。これがTD-LTEであるWiMAX2+だと、上りに負荷がっかっている状態だと下りのパケットが妙に詰まってしまうことが多々あります(端末の性能の問題もあるとは思いますが)。
 なので、下り上りとも3Mbpsといっても同時にしっかり6Mbps使える感じなので、ながら作業とかでも結構快適に使えちゃうんですね。

 そして汎用性ですが、これは言わずもがなWiMAXはSIMはありませんし、容量制限のないWiMAX2+回線はルーター以外に利用することができません。この点ぷららはdocomoのSIMなので安心ですね。私はSC-01FとSO-03Fで利用してみましたがどちらも快適でした。(ただしAPNの関係上テザリングには問題があるというのは注意が必要です)
 こうなってくると、docomo回線に対応したWindows8.xタブレットが出てくるとすごく相性が良いだろうなぁとワクワクしてしまいますね。

 

 と、とりあえずざっくりと感想を書いてみました。
 非常に好印象でしたし、「自分って結構我慢してたんだなぁ」という部分が解消されたのが大きいです。
 ただ、やはりこれからその快適さが維持されるかというと大変怪しいので、注視していきたいと思います。


■2014/09/25追記
 かなり遅くなってきました。
 詳しくはこちら