2014年4月23日水曜日

Broadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapter

 最近モバイルPCとしてはThinkpad8、MicrosofWedge Touch Mouse、ELECOMのTK-FBP049Eという組み合わせを常用しています。普通のPCを持ち運ぶよりはやや非力ではありますが、持ち運びの良さが圧倒的で、パソコン用に荷物を作る必要がないので非常に助かっています。

 ただ、この組み合わせ…というか、Thinkpad8については一つだけ、どうしても困ってしまうことが一つありまして…それがこの記事の題につながるわけです。

 一言で言うと2.4Ghz帯の無線の干渉を非常に受けやすいので、Bluetooth機器を2.4Ghz帯のWi-Fiに繋ぎながら利用できないという欠点があるんですね。Bluetooth機器なら、例えばマウス、キーボード、Bluetoothテザリングという組み合わせでつなげても問題ないのですが、Wi-Fiに繋いでしまうとBluetooth機器が一つでもアウト。Bluetooth設定画面を開くことすらできなくなって再起動を余儀なくされてしまうという…。

 無線に関してはだれでもいいサセコなのかと思いきや、好き嫌いは一応あるようです。

 Thinkpad8の前にはMiix2 8を愛用していたのですが、こちらも似たような症状が出ていました。
 ネットで調べてみると他のWin8タブレットでも同様のようなので、おそらく使われているアダプタ…つまり題のBroadcomのアダプタが問題なのだろう、という結論に。

 もちろん5GhzのWi-Fiを使えば全く問題はないんですが、時々b/gしか飛んでないカフェがあったり、Wi-Fiがない場所だと自前のモバイルルーターを使わないといけなくなって、そうすると5Ghzを使えるモバイルルーターは限られてますから、非常に歯痒い思いをしてしまうわけです。

 ちなみに私はモバイルルーターはHWD14を利用しているのですが、これがまた…あれでして。
 後継機種が5Ghz使えると大興奮なんですけども。


 ということで、現状はWi-Fiが使えないようなところではSIMロック解除済みの201HWをゴニョゴニョしてBluetoothテザリングで運用しています。なんだかバカバカしい気もしますが、これもまぁ、アリです。

0 件のコメント:

コメントを投稿