2014年4月20日日曜日

コメダ珈琲 高岳店

※2014/12/17情報追記

 コメダ珈琲といえば今や全国にチェーン展開する名古屋発の喫茶店。名古屋の喫茶店といえばコメダ珈琲、なんて思っている人も大変多いのではないでしょうか。

 が、しかしこの名古屋高岳にあるコメダは他とはひと味違います。


 コメダ珈琲ができたのは1968年。名古屋菊井町にできたこの店舗はそのままコメダ珈琲菊井店としてフランチャイズ1号店になったわけですが、この店舗が2014年3月いっぱいで閉店してしまいました。
 その菊井店がなくなった今、現存する一番古いコメダ珈琲となったのがこの高岳店です。



 焦げ茶色の木目を基調とした店内は、怪しげな明かりを灯すランプ、壁一面に描かれた壁画、統一感のない小物、年季の入ったサイフォン……どれもこれもが完全に外界と遮断された空間を提供してくれます。コメダ珈琲に行ったことがある人であればあるほどこの特異性はよく理解できるでしょう。



 4人がけのテーブルが6卓に2人がけのテーブルが1卓、カウンター席もあります。
 このテーブルが特徴的で、一部のテーブルが昔の麻雀ゲーム機をそのままテーブルとして利用しているのです。これがまたすごい雰囲気を出してくれます(やや使いにくいという側面もありますが)。
 全席喫煙。経営されているマスター夫婦もよくタバコを吸っていらっしゃいます。



 メニューは他のコメダ珈琲と殆ど同じ。軽食というにはボリュームがありすぎる食べ物もしっかりあります。が、こちらの店舗では各種ストレートコーヒーもおいてあり、これもまた他のコメダ珈琲とは大きく違うなと思わせてくれます。



 今回はホットコーヒーとモーニングサービスを注文。ドリンク代のみ400円です。
 コメダ珈琲の珈琲は全体的に非常に酸味が強いのが特徴なのですが、こちらの珈琲は全く違います。程よい酸味にキリッとした苦味。全体的に濃厚という印象を受けます。
 マスター曰くうちはコーヒーで勝負!ということですが、納得です。おそらく豆の仕入れもブレンドもオリジナルなんだと思います。


●電波環境
 docomoLTEは10MhzのB1を掴んでおり、下り速度は25Mbpsを記録しました。場所的には他のバンドもつかむものと思われます。
 SoftBankはFDD、AXGPともにつかみ、AXGPは下り18Mbpsでした。


●Wi-Fi環境
 キャリアが提供する公衆Wi-Fiはありませんが、光回線をバックボーンにしたFONを利用できます。

●電源環境
 電源は利用することができません。


 この店舗のマスターはご年配の方ながら、よくiPhoneやiPad、ノートPCを利用されており、お客さんが少ない時はよく端末をいじっていらっしゃいます。一体どのように利用しているのか、気になります。

※2014/12/17追記
au、SoftBankのWi-Fiに対応、docomoWi-Fiにも対応予定(固定回線工事中)

また、楽天スマートペイにも対応し、カード決済にも対応していました。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿